雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

駅前で路上ライブしていたお兄さんがとってもCrazyだった話

今年は春先からニートしたり、のんびり過ごしすぎたツケが回ってきて、最近は鬼のように働いています。どうも雪うさぎです。

だいぶ久しぶりな更新になりましたが、この間仕事帰りに面白い人を見つけたのでブログに書いてみようと思います。

普通に生活しているだけで面白ネタが拾えるんだから、働くって悪くないよね

仕事帰り、路上ライブやってる人がいた

その日はまだ蒸し暑い、8月の終わり。

確かに夏の浮かれ気分が抜けるにはまだちょっと早い時期だったのでしょう。

 

その日の仕事帰り、乗り換えのためにいつも使っている某駅の改札を出ると、やたら元気なお兄さんの歌声が聞こえてきたのでした。

 

いつも使っている駅ですが、ここで路上ライブをやっている人はあまりいないので「珍しいな~」なんてちょっと興味を引かれました。

 

そしてお兄さんの「ハイ!ハイ!」といったお客さんを煽るような声も聞こえてきたので、さぞ盛り上がっているのだろうと思い、どんな様子なのかちょっと覗いてみることにしたのです。

 

すると仕事帰りで疲れた足取りのサラリーマンの人の群れにまぎれて、マイクを持っていない方の手を左右にブンブン振りながら一人で盛り上がっている若いお兄さんの姿を見つけました。

お兄さんの前で立ち止まる人は誰もおらず、みんなダラダラと疲れた足取りでお兄さんの目の前を素通りしています。

 

そんな中でも超楽しそうなお兄さん。客(通行人)を煽る声も弾んでいます。

 

なにあのお兄さん、超クレイジーなんだけど・・・!

 

その場違いなハイテンションぶりに正直、一瞬にして心を鷲掴みにされてしまったのですが、私も立ち止まる勇気はなかったのでそのまま歩き去りました。

 

ちょっと通り過ぎたところでも聞こえてくるお兄さんのハイテンションな声に、つい我慢しきれずちょっと笑ってしまったのですが、周りを見ると心なしかみんなニヤついていたので思っていることはきっと一緒だったのでしょう。

 

路上ライブをやっている人はたくさんいますが、ナチュラルにあそこまでぶっ飛んでいる人は初めて見たような気がします。

 

そして肝心な歌の方はというと、完全にド素人のカラオケでした。

自分の歌を聞いてもらいたい気持ちはあるのか、ないのか、それさえちょっと分かりませんでしたし、きっとお兄さんはただ単純にみんなで楽しく盛り上がりたかっただけなんでしょう。

なんか無邪気だったし。(でも平日の帰宅ラッシュ時にあのテンションは無理だよ)

 その姿は本当に公開一人カラオケという感じでした。

 

でもね、凄い楽しそうだったの。

ちょっと飛び跳ねたちゃったりとかもして。(一人です)

 

なんかよくわかんないけどあのお兄さんには勇気を貰えたような気がします。

その時私も仕事帰りで疲れていましたが、お兄さんからささやかな笑いを提供してもらい、また明日からも頑張ろうと思えたのです。

 

みんなあのお兄さんみたいな人だったらきっと世界は平和なのに・・・

 

ちなみに、あまりに面白かったので次の日も同じ場所にお兄さんがいないだろうかと密かに期待をしながら家路に着いたのですが、残念ながらお兄さんはいませんでした。

 

今度見かけたら立ち止まってみようかな。

でもあのハイテンションさとか、手を左右に振らなきゃいけないとか、そんなのを強制されたらいやだな。

だって人が立ち止まってもいないのに、そんなのおかまいなしにオーディエンスを煽ってるような人だもん。

そもそも私お兄さんの曲全然知らないし。

 

というわけで

今度見かけてもやっぱり立ち止まるのはやめときます。