読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

電話一本で花束を注文したら実物がホームページの写真となんか違った話。

去年の年末に花束を買いました!その時のお話です。

 

大切な人に贈る予定のお花だったので、どこにでもあるチェーン店のだとつまらないかな、と思って個人でやっているようなお花屋さんで花束を用意しようと思いました。

 

そこで、ネットでお花屋さんを検索し、こじんまりとしていますが、可愛らしいお店を発見。

ネット注文も受け付けているそのお花屋さんのホームページを見てみると、どれも綺麗な花束が並んでいます。

 

よし、ここに決めた!と思い、すぐに電話で注文をとりました。

朝に電話してその日の夕方に取りに行きますというと、約束の時間までに花束を作っておいてくれるようです。これで一安心!

 

約束の時間。花束を取りに行くと・・・

f:id:yukiusagiv:20170202225523j:plain

人は良さそうですが、あまりお花が好きそうでもない雰囲気のおっちゃんがカウンターに座っていました。

見た目年齢は60代くらいかな?

 

聞くと、もうこのお花屋さんを40年もやっているのだそう。

そんなに長い間やっているので、もはやお花が好きとかそういのを通り越して、このお花屋さんは普通に生業としてやっているものなのかな、と思いました。

 

「あの、花束を予約していた者ですが」と声をかけると、おっちゃんは「ああ」と言ってすぐに立ち上がり

「はい、これね、作っておいたから。」

といってショーケースの端にしまっていた花束を取り出してくれました。

 

しかし、その花束は花の色の取り合わせといい、渋い深緑の包装紙といい、60代のおっちゃんのセンスが丸出しになったものでした。

 

持ち手のところは銀紙がくしゃくしゃっ!となっている近年ではあまり見ないスタイルです。

もちろんホームページで見た花束は銀紙がくしゃくしゃっ!とはなっていませんでした。

 

「カスミソウはサービスだよ~」(←これ他の店でも言われたことある!)

 

「ありがとうございます。」

私はそう言って花束をおっちゃんから受け取ると同時に覚悟が決まりました。

 

そう、もう花束はできているのです。

返品など不可能。

 

バラがメインの花束でしたが、中央付近にある目立つ2本のバラの花びらが切れてボロボロになっています。 

 

この花はあまり綺麗ではないから少し目立たないところに入れようか、できるだけ綺麗な面を正面に向けてあげよう、

そういった小狡い考えなどおっちゃんにはありません!

 

もう堂々としています。

 

「ありのままの姿、自然を活かす、花を束ねればそれで花束。」

 

お前にそれがわかるか?

 

私はその道のプロであるおっちゃんに、そんなことを問われている気がしました。

 

それはさておいて・・・

 

それにしても花束に使われているお花たちにあまり元気がありません。

メインであるバラは薄ピンク~端の方は黄緑というなんとも淡いグラデーションがかかっており、昔家のトイレに飾ってあった色あせたバラの造花を思い出しました。

 

そんな花束を見て、

仕入れてから結構日が経ってるやつなんだろうな~。

と私はぼんやりと思いました。

 

 

今朝注文したばかりなのに、

少々、古ぼけた印象の花束。

セピア色の思い出をあなたに。

一番主張していたのは深緑の包装紙でした。

 

 電話一本で花束を注文したら実物がホームページの写真となんか違いました

やはりお花は花屋の店先に並んだ色んな花を見てから買ったほうがよさそうです。

特に大事な人へ贈る花束は便利だからって実物を見ずにネットで注文するのはちょっと気を付けた方が良いいと思いましたよ!

 

どこでも見かけるチェーン店のお花屋さんは、お花の入れ替えも激しそうなのできっと常に元気なお花が置いてあるのでしょう。

そこで買うのがやっぱり安パイというか確実だったなと思います。

 

たとえ個人のお店だろうと、一度そこで買ったことのあるお店だったら安心だと思うのですが、今回は全然知らない初めてのお店で注文してしまったこともありちょっと思ったのと違うな~というのが正直な感想でした。

 

もちろんあげた相手は喜んでくれましたよ!

なんだかんだでお花は気持ちですからね!

 

個人のお店も頑張って欲しいけどなあ。

結構大変そうですよね、お花屋さんって。日持ちしないし。

今回も別にあのおやっさんが悪いわけじゃないしなあ~。

 

でもお花だけに限らず、ネットで注文して届いたらなんか思ってたのと違う!ってこともあるし、今回のも案外あるあるな話なのかもしれません。