読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

カフェオレとカフェラテの違いを調べてみよう!

カフェオレとカフェラテの違いを知っていますか?

テレビとかでたまにやってるのでご存じの方も多いと思いますが、その時は「へ~」と思ってもすぐ忘れちゃう系の豆知識です。私も何回聞いても忘れてます(笑)

そんな些細な雑学も自分でブログに書けば忘れないだろうと思ったので改めて調べてみることにしました!

f:id:yukiusagiv:20170105000808j:plain

それぞれに使用されるコーヒーに違いがある

カフェオレ=ドリップコーヒー(普通のコーヒー)

カフェラテ=エスプレッソ

だそうです。

エスプレッソといえば、お店ではあの小っちゃいカップで出てくる苦~いコーヒーですね。そっちがラテ!

 

ミルクの割合に違いがある

カフェオレ=コーヒー50%:ミルク50%

カフェラテ=コーヒー20%:ミルク80%

 

一般的にコーヒーとミルクが50:50となっているものをカフェオレと呼ぶそうですが、こちらの割合はお店によって違いがありそうですね。

 

カフェラテはエスプレッソを使っているだけあってミルクが80%も入っているようです。(お店によって違いあり?)エスプレッソは苦いですからね。

たっぷりミルクのまろやかさとコーヒー独特の苦み、深みを両方感じることができるので、個人的にはお店で頂くならカフェラテの方が嬉しいなと思います。

 

それぞれの語言が違う

カフェオレのオ・レ=フランス語でミルク

カフェラテのラテ=イタリア語でミルク

という意味です。

カフェオレ・カフェラテどちらの言葉も同じくらい聴きなれているので、逆に混乱しますね。

 

もこもこ泡立つカプチーノ

ミルクが泡立っているコーヒーはカプチーノと言います。

飲んだ時におひげが出来るやつですね。

カフェラテでも少量の泡立つミルクを使用していたりするのでこちらもややこしいです。

しかしカプチーノの泡はとっても分厚いのでそこがポイント。

あの泡はコーヒーの風味を逃さないようにしているんだそう。湯気が立ちにくいので香りも飛びにくそうですね。

そういえば泡が乗ったコーヒーは冷めにくいような気がします。

 

ざっくりまとめると

コーヒー50%:ミルク50%で、白黒つけないカフェオ~レ

ミルク80%ととっても苦いエスプレッソを使ってるのがカフェラテ

やたらもこもこしてるのがカプチーノ

 

以上!