読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

【明治通宝札】明治時代のお金のデザインがとってもカッコイイ!

前回お金のお話をして、お札のデザインに興味を持ったのですが、明治時代のお金のデザインがとってもカッコよかったので取り上げてみることにしました。

yukiusaginobettaku.hatenablog.com

 

お金の歴史(ざっくりと)

お金がなかった時代の人は元々、欲しい物は物々交換していました。

しかしそれでは不便なことも多かったので、やがて貝がらと欲しい物を交換するようになっていきました。貝殻が今のお金と同じ役割をしていたのですね。

なのでお金に関する漢字には「貝」という文字がよく使われています。

【例】

金 重 う 幣 など

 

その後(飛鳥~奈良時代)外国で貨幣が使用されていることを知り、日本でもお金を作るようになりました。

日本最初に流通したのではないか?と言われているお金に「和同開珎」があります。

f:id:yukiusagiv:20161211210025j:plain

歴史の教科書で見たやつだ!

この和同開珎よりも古いお金に「無文銀銭」「富本銭」というものが存在していたようです。

 

しかし、それまで貨幣という概念が無かった日本では、残念なことにこれらはあんまり使われなかったようです。

 

その後いろいろな経緯を経て日本にも貨幣が普及し始め、全国で形や単位が統一されだしたのは江戸時代からだと言われています。

 

 江戸時代のお金 慶長小判

f:id:yukiusagiv:20161211204712j:plain

お主も悪よのう・・・?

当時は一枚で20~25万円くらいの価値があったようです。

江戸時代には銀貨も銭という硬貨もありましたが、やっぱり金貨っていいですよね!

 

明治時代のお金のデザインがとってもカッコイイ!!

やっとこさ本題にたどり着きました・・・

そう、明治時代のお金がとってもカッコイイのです!

とりあえず龍が多用されています。

 

龍のデザインがカッコイイ!50銭銀貨

f:id:yukiusagiv:20161211210738j:plain

このクオリティであります・・・!

昔の人はこれを一体どうやって作っていたんだろう・・・

 

一円銀貨

f:id:yukiusagiv:20161211210829j:plain

上との違いは・・・?

一円でこの感じです。龍ってなんかいいですよね。

 

明治通宝札(めいじつうほうさつ)が最高にカッコイイ

f:id:yukiusagiv:20161211211533j:plain

鳳凰と(やっぱり)龍のデザインです。

とっても縁起がよさそう!現代人から見ると旧漢字が使われていたりして、日本のお金というよりなんか中国のものっぽい雰囲気に見えます。

『金五圓』って書いてあるので5円紙幣なのかな?かっこいいですよね。

 

お札に肖像画が使われるようになったのも明治時代から

初めて肖像画が使われた紙幣は「改造紙幣1円券」で、明治14年に発行されています。

それからは肖像画を使用したお札の歴史が続きます。

f:id:yukiusagiv:20161212210048j:plain

外国人風ですね。

 

2000年に発行された『二千円札』は沖縄の首里城のデザインでしたね。

二千円札のデザインは肖像画ではありませんね。

現在使われている紙幣は全て肖像画が使用されているのでちょっと浮いてしまっている感は否めない二千円札。

f:id:yukiusagiv:20161211213046j:plain

沖縄では多少流通しているようですが、関東では全くといっていいほど見かけなくなってしまいました。製造も中止しています。

それにしても発行してからも16年(もうすぐ17年)も経つのか・・・。

いずれプレミアがつくかもしれないので使わずに大切に取っておいてもいいかもしれませんね。

 

お札に肖像画が使用された回数が一番多いのは『聖徳太子』

なんとこれまでに7回もお札に使用されているようです!

現在の紙幣には使用されていませんが、これからもこの記録を更新することはあるのでしょうか?

今回、過去のお札のデザインを振り返ってみるのも歴史を感じて面白いな~と思いました。

 

では~