読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

スヌーピーミュージアムへ行ってきました!~もういちど、はじめましてスヌーピー~

 ※ネタバレ注意

先日六本木にある『スヌーピーミュージアム』へ行ってきました!

 

今やっている展示会は2回目の「もういちど、はじめましてスヌーピー。」で来年の4月9日まで開催しています!

スヌーピーミュージアムでは半年ごとに展覧会のテーマが変わるのでリピーターのスヌーピーファンも多そうですね。

 

ローソンチケットで前売り券で購入して行きました!

ローソンチケットで2日前から予約できます。

当日券もありますが前売り券を買っておくと200円お得です。

それに当日券だと入場者数の都合で買えない恐れもあるのでローチケで事前に購入して行くことをおすすめします。

入場チケットは10時/12時/14時/16時/18時のいずれかを購入。

私は14時のチケットを購入しましたが14時以降の90分間も同チケットで入場可能なのでのんびり向かいました。(いずれの時間帯のチケットでも90分間の入場枠があります。)そしてギリギリになるという(笑)

 

チケット情報・販売・予約は ローチケHMV[ローソンチケット]

 

スヌーピーミュージアム六本木駅から徒歩7分

とのことでしたが方向音痴な私はもうちょいかかりました。


麻布十番駅からでも徒歩10分ということで歩いてでも全然行きやすい距離なのですが、途中看板も何もなかったので果たしてたどり着けるのかどうか歩いていて不安感はありました(笑)

それでも15分くらいで着きましたよ。

 

 やったー!

f:id:yukiusagiv:20161117162903j:plain

f:id:yukiusagiv:20161117162917j:plain

 

日替わりで貰える引き換えチケットがカワイイ

前売り券を受付に渡すと代わりとなるチケットがもらえました。

f:id:yukiusagiv:20161117180918j:plain

私がスヌーピーミュージアムに行ったのは11月15日なのですがこのメモリアルチケットの漫画は右下の日付を見るに1956年11月15日に掲載されたもののようです。

これは良い記念になりますね。

 

現在の混雑具合は?

平日ということもあってか空いていました!

原画も見やすいし、カフェにも行きましたが並ぶということはなかったです!

グッズもすんなり買えました。

 

原画は横長のコミックがそのまま展示されているので混雑している時は凄く見づらかったんじゃないかな?と思います。

平日おすすめです!

 

現在のスヌーピーミュージアムはクリスマス仕様になっています。

館内に入って一番最初の展示エリアは撮影OKだったので撮った写真を公開します!

これからクリスマスの間に行こうと思っている方は見ない方が良いかも?

 

 

一番初めの展示コーナーでは『スヌーピーのメリークリスマス』のアニメが流れていました。

f:id:yukiusagiv:20161117165524j:plain

これは子供の時にビデオ(古)で繰り返し見ていたお話なので懐かしくて見入ってしまいました~!

 

モニターの隣にはアニメの解説が。

読んでみましたが『スヌーピーのメリークリスマス』のアニメーションは1965年12月にテレビで初めて放送されたピーナッツのアニメーションだったということをこの日に知り、ちょっぴり感動しました~!記念すべき一作目だったのですね。

というか今から50年前のアニメとは思えないほどよく出来ています。やっぱり手書きのアニメーションって雰囲気あって可愛いですよね。

f:id:yukiusagiv:20161117165744j:plain

 

 

クリスマス仕様のスヌーピーオブジェ。

季節ごとに周りの装飾が変わります。ハロウィンにはパンプキンいっぱいでそちらも可愛かったようです。

f:id:yukiusagiv:20161117170642j:plain

左端にあるクリスマスの装飾でしなってる木はアニメ『スヌーピーのメリークリスマス』に出てくるワンシーンを再現しています。

決して展示スタッフの失敗作ではありません(笑)

 

 

スヌーピーオブジェの後ろにはスヌーピーの作者であるチャールズ M. シュルツ氏の幼少期~の写真がずらり。

f:id:yukiusagiv:20161117171615j:plain

f:id:yukiusagiv:20161117171057j:plain

 

これが一番好きな写真かも。

f:id:yukiusagiv:20161117180107j:plain

実はここだけじゃなく奥の展示コーナーにもシュルツ氏の写真があるのですがそれらを見ていくとシュルツ氏は小さいころから犬と一緒に暮らしていたことが分かります。

ご家族ともども愛犬家だったんですね。自分の傍に犬がいた生活の中で自然とスヌーピーというキャラクターが出来上がっていったのでしょうか?

 

TIME誌の表紙だ!

f:id:yukiusagiv:20161117172913j:plain

 

 

こちらは原画3Dアートです。

f:id:yukiusagiv:20161117171647j:plain

遠くから見るとスヌーピーとチャーリーブラウンが仲良く寄り添っている絵になっていますが、近づいてよーく見てみると・・・

f:id:yukiusagiv:20161117171842j:plain

全てスヌーピーのコミックでできていることがわかります。近くで見ても遠くで見ても楽しめる素敵な3Dアートでした。

 

展示エリアの撮影はここまで

このあとの撮影禁止の展示エリアには原画の展示が多数と、当時発売されたオモチャなどのグッズの展示があります。

貴重な原画を閲覧しつつ、解説も付いているのでより深くスヌーピーの世界を楽しめます。4コマのコミックのままの展示になっているのでストリーも楽しめますよ。

スヌーピーの原画は英語ですが原画の下にちゃんと日本語も表記してくれています。)

また古いグッズたちは保存状態や出来栄えが大変良くて感動しました。

 

次回はグッズ売り場とスヌーピーカフェの様子をお届けします!

グッズコーナーとカフェは再び撮影OKだったのでいくつか写真を撮りました!

この記事が思ったより長くなってしまったので次回へ持ち越します~。

少しはスヌーピーミュージアムの楽しさが伝われば嬉しいです。

 

ではでは~。

yukiusaginobettaku.hatenablog.com