読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

【エアロモービル】未来の乗り物、空飛ぶ車が2017年に発売?

 前回あと10年で消える職業についてかなりゆるく考えてみる、の記事を書いてから自動運転及び、未来の乗り物に興味深々な管理人です。

 

なんだかんだいって空が飛びたい

現在開発中!Aeromobil社『AeroMobil 3.0

2017年発売予定です。来年ですよ!

 

 

レギュラーガソリンで700kmと結構飛べます。

f:id:yukiusagiv:20160331140609p:plain

ふわ~

 

車の状態では875km走行可能です。 

f:id:yukiusagiv:20160331140537p:plain

ぶーん。

 

あと見た目がイルカさんみたいで可愛い。絶対意識してると思う。

f:id:yukiusagiv:20160331140807p:plain

 

空陸両用車ではありますが、飛ぶのには200m程の滑走路が必要です。

いくら翼を所持しているからといって渋滞の際の抜け駆けはできません。

 

あとはパイロットの免許が必要なので私を含めたほとんどの国民は優雅に空飛ぶ『AeroMobil 3.0』を指を咥えて見ているだけとなるでしょう。

 

お値段は未定ですが数十万ユーロになるそうです。

f:id:yukiusagiv:20160331140710p:plain

どうでもいいけどこのシーン超カッコイイ。

あと飛ぶ瞬間の期待を煽るBGMが優秀。

 

www.gizmodo.jp

 

 

トヨタ『TEMA』が「エアロカー」の特許を出願

 

f:id:yukiusagiv:20160331105403j:plain

出典 https://www.google.co.jp

 

なんだか思ってたのと違う。

 

いや、未来の空飛ぶ車とはこういうものなんだ。

 

このご時世に翼は横に開くものといったステレオタイプな考えは捨てよう。

 

 道路を走行している時にも常に車上には4本もの翼が丸見えの状態で鎮座収納されているのがちょっと個人的には勿体ないと思う。

 

普通に道路を走っていてもあれ飛ぶやつじゃん感がすごい。いかにも、である。

 

 

 

個人的に普段は普通の車だけど飛ぶ時だけ翼を広げるtypeの車の方がビジュアル的には近未来感を感じます。

 

それになんかトランスフォーマーみたいでカッコイイ。(よくは知らない)

 

あとなんだかんだみんなそれを期待している。

 

 

とはいえ、実はトヨタは上記を含む3件の翼の型で特許を出願しており、そのうちの2件はちゃんと横に開くタイプの翼ですのでご安心ください。

 

しかし今後はこういったちょっと変わった空飛ぶ車もたくさん開発されていくのでしょうね。

 

個人的には円盤型を希望します。

 

もっと庶民派な未来の乗り物はないのか

パイロット免許とかいう時点で空飛ぶ車は早々に諦めました。こちらで行きましょう。

 

マジックホイール

f:id:yukiusagiv:20160331134822j:plain

出典http://matome.naver.jp/odai/2138249849198907201

 

こちらは結構前に発売されましたが世界97ヶ国で国際特許を取得した、全く新しい乗り物だそうです

 

大きなタイヤが目を引きますが、一応二輪です。

 

小さいほうのタイヤはなんか会議室のテーブルの下とかによく付いてるやつに似ていて頼りなく感じますが何か重要な役割を果たしているんでしょう。

 

話は変わりますが、前に私が住んでいた家の周辺にいつも両手放しで自転車に乗っているお兄さんがいました。

 

お兄さんはいつも両手をだらりと下げ、非常にリラックスした状態で両手放し走行を実施していました。

 

道を曲がる時でさえ、お兄さんのその両手はハンドルを握ることはなく、また駅前の交番の前もそのままの状態で突っ切って行く姿が印象的でした。

 

そして、それをやっているのが年端もいかない子供ならまだしも推定年齢20代中盤~30代中盤くらいの明らかな成人男性だったので私の中により、その姿が克明に焼き付いているのかもしれません。

 

そのお兄さんに遭遇するのは決まってでしたので、もしかしたら昼間はしっかりとハンドルを握り、ごく普通の20代中盤~30代中盤くらいの男性を演じていたのかもしれません。

 

しかし!公道での自転車の手放し運転は道路交通法違反に当たります。それに危ないので止めましょう。

 

どうしても両手放しを楽しみたいという方はマジックホイールが最適だと思います。これを見た瞬間にあのお兄さんに使って欲しい!と、そう思いました。

 

しかし、どのみちこちらも公道での使用はできませんので、みなさん、自転車もマジックホイールでもルールを守って乗りましょうね!

ただお兄さんの話をしたかっただけでした

 

未来形の乗り物が色々あった

マジックホイールをもっと小っちゃくしたやつとか、一度地面を蹴るだけで長い距離を走れるキックボードの進化形とか、あとセグウェイみたいなやつがありました。

 

最近の自転車にはスマホホルダーが付いていたり、そこでスマホの充電ができちゃう物がチラホラ・・・時代ですね。

 

充電ができればスマホでカーナビを見つつ、どこまでも行けそうです。

 

自転車から5メートル離れると、自動的にロックがかかる画期的な自転車もありましたよ。

 

未来形自転車はみんなの注目の的!欲しい人はたくさんいると思うので、自分の身を自分で守れる自転車はとても頼もしいです。

 

まとめ

今回ご紹介した未来の乗り物はほんの一部です。

 

調べてみたところ割と色んな会社で、様々な機能やデザインの乗り物が開発されていることが分かりました。

 

今は自動車も、自転車もみんな思い浮かべる形は大体一緒だと思いますが、そう遠くない未来に多種多様な乗り物が走っている時代になるかもしれません。

 

私は寝ながら走れる自転車が欲しいのですが如何でしょうか?

あと10年くらい先の未来に期待したいと思います。

 

yukiusaginobettaku.hatenablog.com

 空飛ぶ車の次は絶対濡れない傘です・・・

yukiusaginobettaku.hatenablog.com