読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

あと10年で消える仕事についてかなりゆるく考えてみる 後編

前回の続きです。

 

yukiusaginobettaku.hatenablog.com

 

みなさんも10年後の世界についてゆるく考えてみませんか?

 

 

無くなる仕事はもういいよ、どんな仕事なら生き残れるんだ!

 

どっちかっていったらそっちが気になりますよね。

 

 

f:id:yukiusagiv:20160327212814j:plain

出典 http://www.nikkei.com

だそうです。

 

結局確実なのは昔からあったであろう普遍的なお仕事が大半ですね。

 

特にお医者さん系強しです。

機械なんぞには負けない。

 

 

医・師・士の付いてる漢字多いですね。

 

あとは””ですね。無くなっちゃう仕事にも者がいますが見比べてみると全然違う”者”であることが分かりますね。(分かりませんか)

 

見比べてみると10年後はやっぱり個の時代みたいですよ、怖いですね

 

 

 先生系のお仕事小学校の先生と限定されているのが気になりますが、中学生にもなるとPCの前で自分で学習ができるということで小学校の先生限定になったのでしょうか?

 

 

だとするとやっぱり人気じゃない先生は・・・えっと・・・

 

 

現在の職を奪われた人たちはどうなっちゃうの・・・!

 

まあその分たくさん新しい仕事ができてるはずです(適当)

それともベーシックインカム導入となるのでしょうか?

 

 ポジティブな方向で考えてみると

 

 

機械にできる仕事→機械にやらせちゃおう!

人間にはたくさん時間が余ります

 

その分自由になれるので好きなことに費やせる時間が圧倒的に増えるということです!

 

ここに来るまでに沢山の職が人工知能等に奪われてきたのでもうどれなら機械にできる仕事かそうじゃないのかが感覚で分かってくると思うのです。

 

 

そうするとやっぱり

機械にできない=人間らしいクリエイティブな仕事

となるわけですが、なんかすんごい仕事じゃなくてもそこに自分らしさという個性をプラスしていくことが今後の仕事の大前提になりそうですね。

 

みんなが個性を認め合える世界になればそれはきっと今より楽しい世界なのだと思います。

 

現実はそんな美しい世界ってだけではないと思いますがね

 

 

テクノロジーの進化についていけない・・・

 

最初は「自動車ができたぞ!」「これがパーソナルコンピュータだ!」

と新しい発明の誕生に大喜びだったのに、しばらくしたら

 

 

 

 

 

車・PC「いや、もう全部自分でやれるんで、触らないでください」

 

 

 

 

って逆に突き放されたような寂しさは感じますね。

 

これが親離れってやつか(違いますね)

 

でもテクノロジーの進化ってすごい!そして速い!

 

 

まとめ

 

オ、オラなんだかワクワ‥‥・言わないですけどね。

 

でも今回の記事は思った以上に書いてて楽しかったです、ワクワクしました。

 

今まで見たことのない景色がそこら中に溢れ返っているだろう未来を想像し楽しくなり、同時に10年後の自分も何やってるのか全くわからないという不安な気持ちとが混在した非常に複雑な感情を抱えながらこの記事を書いていました。

 

 

でもやっぱり楽しみ>>>>>不安ではありますね!

 

いっぱい新しい仕事が出来てるはず(適当)なのでこの先も前を向いて生きていきたいと思いました。

 

 

 人工知能だー!

yukiusaginobettaku.hatenablog.com

 空飛ぶ車だー!

yukiusaginobettaku.hatenablog.com