読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪うさぎの遊び場

しっちゃかめっちゃかな雑記ブログ

古い電池に白い粉?電池の液漏れって実はすっごく怖かった!

先日、ここ最近全く使用していなかった電子辞書を久しぶりに使おうと思ったのですが、電源が入らず。

電池蓋を開けてみると電池に白い粉が付着していました。

電池を入れたままずっと放置してるとよくありますよね。

 

子供の頃にオモチャやゲーム機で使用していた電池がよくこうなっていました。

最近は電池を使う機会が減ってきているのでなんだか懐かしいような。。。

 

ところでなんで白い粉が出るんだろう?と気になって調べてみたところ、

どうやら電池内部の液が気化して白い粉になっているとのこと。

そしてその電池の液漏れは大変危険だということを知ったのです。

 

電池の中身は「水酸化カリウム水溶液」

この水酸化カリウム水溶液はとても強いアルカリ性で、触るととても危険です。

 だからアルカリ電池っていうのか。

直接触ってしまうと化学やけどを起こしたり、目に入った場合は最悪失明の可能性があるようですよ!怖いですね。

 

あの白い粉がそんなにおそろしい物だとはつゆ知らず、先日の私は力づくで電池を引き抜こうとしていました。

(液漏れして固まっている電池は取れにくい)

 

これを見て怖いなと思ったみなさんは、今後手袋などしてくださいね。

 

電池の液漏れによる子供のやけどに注意してください

やっぱり子供のおもちゃやゲームには未だに電池を使用するものが多いのでしょう。

電池でのケガは子供が多いみたいです。

子供って何にでも興味津々ですしね。

 

でも液漏れした電池を触った後に目をこすったりしたら大変です!

電池の交換は大人がやってあげましょう。

 

 私はそのころから力づくで電池を引き抜こうとしていたのですが、今までケガがなくてよかったです。

 

 

以下、あまり関係ない話です。

単四電池って懐かしい

話は変わりますが、今回電池が液漏れを起こしていた電子辞書は単四電池を使用します。

今って大体単三を使用する機器ばかりじゃないですか?

  

電池蓋を開けた瞬間、液漏れ現象も含めて単四電池が妙に懐かしく感じてしまいました。

 

ゲームボーイ。。。単四だった。。。